お家で実践

【獣医師が教えます】うまくいく愛犬のダイエット方法

こんにちは!

けいです。

9月になって、秋の気配が感じられる日が多くなってきました。

涼しくなったせいか、勤務先の動物病院で最近よく交わされる会話は・・・

 

けい
体重を測りましょうね・・ああ~!!前回より500g増えてますよ~!!
でも先生、ドッグフード以外何にもあげてないんですよお!

どうして太るのかしら?

 

いえいえ・・・そんなわけありませんよ(笑)

この記事はこんな飼い主様に向けて書きました

  • うちの子って太ってるのかしら??
  • 愛犬が好きなものを、お腹いっぱい食べさせたいんです!
  • 犬のダイエット方法がわからない・・たくさん走らせればいい?
  • 気をつけているのに、愛犬がどんどん太ってきて困っています!

 

 

あなたの愛犬は適正体重ですか?

  

 

犬種によって体型が全然違うと思うのですが、

何を参考にしたらいいの?

BCS(Body Condition Score:ボディコンディションスコア)という

触診と視診を用いた基準があるのです。

けい

           

引用: 環境省HP 「飼い主のためのペットフードガイドライン」より

BCS3が理想

見た目:上から見た時に肋骨の後ろにくびれがあること

触った時:過剰な皮下脂肪に覆われることなく肋骨が触れること

 

上の表を参考に、あなたの愛犬の身体をチェックしてみて下さいね。

 

愛犬に「満腹になるまで食べさせたい」?

  

けい
犬は「満腹中枢がない」と言われますがあります!

ただし、人とは違って鈍いと言われていますね。

 

はてな

犬がたくさん食べれる理由

①犬はオオカミの子孫と言われていて、獲物を捕まえた時に「食いだめ」できるように胃が大きい

(消化器全体の6割が胃です)

②満腹になると人の胃は全体が膨らむのに対して、

犬の場合は胃の出口(幽門部)はあまり膨らまない

もちろん胃の大きさには限界がありますので、無限に食べることはできません。

 

私の愛犬が若い頃、職場で他のワンちゃん(シェパードです)に

用意してあった1食分のフードをこっそり全部平らげたことがありましたが、

その後全部吐いてました(泣)

けい

 

そして・・・

文献によると

48頭のラブラドールを「自由に食べてもよいグループ」と

「エネルギー制限したグループ」に分けて食事を与えた実験では

明らかに寿命に差があって、

過食に伴う肥満は犬の寿命を短縮させる」という結果でした。

 

ココがポイント

愛犬の健康は飼い主しか守れません!

具体的な犬のダイエット方法を教えて!

   

犬のダイエットのメインは食事療法です。

運動だけで痩せようとするのは難しい・・・人間も一緒ですよね(>_<)

具体的にはどうしたらいいの?
けい
以下の方法でやってみましょう!

 

うまくいく!愛犬のダイエット方法8つ

①フードをカロリーの低いものに変えるか量を少しづつ減らす

②1週間で減らす体重は、もとの体重の1%減くらいを目安に(例5kgの子だったら50g)

③ドッグフードは量を正確に量って与える

④おやつは市販のジャーキーなどではなく、ササミをゆでて与えるなど工夫する

⑤シニア用フードや低脂肪フードは、カロリーが高い事もあるので成分表を確認する

⑥全体の食事やおやつの量は増やさず、回数を増やす

⑦家族全員で協力して取り組む

⑧知育玩具や早食い防止のお皿などを使って楽しくダイエットする

 

けい
厳しい話ですが、愛犬が痩せない原因の多くは

「飼い主が余分に食べ物をあげるから」なのです。

ただし、クッシング症候群などの内分泌の病気が原因なこともあるので

かかりつけの先生に相談することも必要ですね。

 

【獣医師お勧め】愛犬のダイエットの助っ人アイテム3つ

    

 

 まずは正確に量るところからスタート!安いし、私も愛用しています^^

 

 難度に合わせて変えられるパズル。結構難しいけどお勧めです。

 

 昔からある早食い防止のお皿。それでも早く食べちゃう子も・・・

 

食欲があってたくさん食べれるのは元気な証拠^^

でも食べ過ぎて肥満になったら、元気だったはずの愛犬にも辛い思いをさせてしまいます。

繰り返しますが、愛犬の健康を守れるのは飼い主だけなのです。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです♪

 

クリックして応援してね!

        より良い記事が書けるようにがんばります!!

           ▼   ▼   ▼

       にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

 

-お家で実践
-, ,

© 2022 ドリトルけいのいぬねこ健康相談室 Powered by AFFINGER5